top of page

こどものとも0.1.2. 2021年11月号

さんかく ならんで

中辻悦子 さく



さんかく見つけよう


赤ちゃんにとって身近な形は〇です。どうぞ周りを見回してください。丸い形のものがたくさんあるでしょう。まずはお母さんの目です。丸いです ね。お日様、お月様、時計、ビンのふた、ドアノブなどなど。□はどうで しょうか。窓、ドア、絵本……。いかがですか?それに比べて△はなか なか見当たりません。


だからこそ、『さんかく ならんで』はいいなぁと思いました。この絵本で △に出会えるからです。△には、〇や□にはない表情があります。少し傾いたり、逆立ちすると、さまざまな表情を現します。作者の中辻さんは、 赤ちゃんに△を新鮮に感じさせてくれます。


満2歳近くなると並べる楽しさを発見します。何でも並べて、形や大きさ を比べたり、違いを発見したりして実験と研究をしているのです。『さん かく ならんで』はその時期にピッタリです。


読み方アイデア

  1. ◯、□に比べて△は身近ではありません。だから見つける楽しみがあります。 お家の中でも、散歩の最中でも、△を見つけたら発見の喜びを一緒に味わってください。サンドイッチ、三角屋根、三角おにぎり……。

  2. 繰り返し読んだあとで、色違いのフェルトを絵本と同じ大きさで切っておけば、絵本の上にのせたり、並べたり、散らしたりするかもしれません。指示せず、こどもがすることをよく見て楽しんでください(作者のことばを参考にしてください)。


202111育児支援手引き
.pdf
Download PDF • 70KB

 

藤田春義(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。むかわ町にて保育の仕事を6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。北翔大学短期大学部非常勤講師。札幌国際大学非常勤講師。
bottom of page